百記徒然袋【十勝日誌】

十勝・帯広からお送りします。食べること、ふと思ったこと、映画のこと・・・ 少しだけ仕事のこと。

ネットリテラシー

最近は事件ニュースでも取り上げられるLINE。
無料でチャットやら何やら出来て人気の様ですが・・・

報道に依ると
5月下旬、官邸内に衝撃が広がった。韓国の国家情報院(旧KCIA)が、無料通話・メールアプリ「LINE」を傍受し、 収拾したデータを欧州に保管、分析していることが明らかになったからだ。韓国政府のサイバーセキュリティ関係者が、日本の内閣情報セキュリティセンター(NISC)との協議の場であっさり認めた。
システムに直接侵入するのではなく、通信回線とサーバーの間でワイヤタッピング(傍受)するから、「通信の秘密」を守る法律がない韓国側は悪びれない。だが、LINEの登録ユーザー4億人余のうち日本人は5千万人。その通話データなどが韓国にすべて送られ、丸裸にされているのだ。

「指名手配」隣国ハッカーの脅威

そればかりか、LINEの日本人データが、SNS(交流アプリ)などを提供する中国のインターネットの「巨人」テンセント(騰訊)に漏れた疑いがあるのだ。
http://facta.co.jp/article/201407039.html


それに対してLINEの社長が反論。

LINE代表の森川です。普段なら一記事についてコメントを出すことはないのですが、今回は看過できない記事が出ているので、本件についてコメントさせていただきたいと思います。

本日発表された、一部記事で、韓国政府機関が当社サービス「LINE」の通信内容を傍受している旨の記載がありましたが、そのような事実はございません。

記事では、LINEシステム自体ではなく、外部との通信ネットワーク上に関して傍受があったとされていますが、LINEはシステム内であってもシステム外の通信ネットワーク上であっても安全です。LINEの通信は、国際基準を満たした最高レベルの暗号技術を使って通信されていますので、記事に書かれている傍受は実行上不可能です。

また、報道内容にはLINE内のデータが他社に漏洩した旨の記載がありますが、全くの事実無根です。

根拠なくユーザーの皆様を不安にさせる一部の心ないメディアに抗議するとともに、ユーザーの皆様には引き続き安心してご利用いただきたいとおもいます。
http://moriaki.blog.jp/archives/1988243.html

そして又反論

弊誌最新号の「韓国国情院がLINE傍受」について、
同社社長、森川亮氏が個人ブログで「本日報道の一部記事について」と題して
「そのような事実はございません」とする否定コメントを出しています。

一部新聞社等から、このブログについて弊社のコメントを求められましたのでお答えします。

LINEからの抗議は正式にいただいておりませんが、形式的に抗議せざるをえなかったの
だろうと考えています。

しかしながら、「事実はございません」とする確証をLINE社はどこから得たのでしょう。

システム内でもシステム外でも安全なのは、「国際基準を満たした最高レベルの暗号技術を
使っている」からだそうですが、それが破られているというのが本誌の認識です。
「最高レベル」とは自己満足の弁で、それは甘いと申し上げざるを得ません。

それとも、LINEは国情院から「大丈夫ですよ、おたくの暗号は破っておりません」との
お墨付きを得たのでしょうか。北朝鮮と対峙する韓国の国情院が、その程度では朝鮮半島の
国防は大丈夫なのか、と心配になりませんか。

これはカウンターインテリジェンス(防諜)の問題であり、民間企業には手の届かない世界で
あることはよくお分かりのはずです。

もう一点、この否定コメントの矛盾点を申し上げましょう。もし抗議するなら、
LINEは国情院に対して傍受に抗議すべきでしょう。

日本国憲法のように「通信の秘密」が守られていない国で国家が傍受しても、
非合法とは言えません。その意味ではLINEも被害者の立場に立つと考えます。

弊誌は前号で「『韓国籍』を消すLINEの覆面」という記事も掲載しております。
そこで指摘したように、LINEは日本の会社ですか? 韓国の会社ですか? 

国情院に抗議しないのであれば、自ずからどこの国の会社か、
馬脚を現すようなものと考えられませんか。

弊誌は調査報道を旨とするメディアです。掲載した記事は確証があるとお考えください。
                                             
FACTA編集部


元々韓国系のソフトでありセキュリティとかは日本基準で考えられないし,過去にも情報漏れもあった。
個々人の情報云々は直ぐには考えられないけれど何時それを利用されるか分からない。
例えば韓国が情報を傍受出来るならサイバー戦ではより上手な北朝鮮を考えてみたらどうだろう。
今、拉致は考えられないにしても脅迫のネタになったり・・・

下手な情報ツールは使わないのが吉。

スポンサーサイト
  1. 2014/06/19(木) 23:46:43|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
優しいあなた!ついでに押してくださいな↓↓↓川崎さん、佐藤さん、井上さんも森岡さんも押してね!
人気blogランキングへ
<<道東道 | ホーム | 何と呼ぶのかな?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hummer1.blog37.fc2.com/tb.php/951-5ae3b818
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

HUMMER

Author:HUMMER
北海道・十勝在住のおぢさん
酒と***とMacが好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

MONTHLY

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する