百記徒然袋【十勝日誌】

十勝・帯広からお送りします。食べること、ふと思ったこと、映画のこと・・・ 少しだけ仕事のこと。

フェリー沈没事故のグダグダ

グダグダその1/5 運航会社関連:

●老朽化による退役船を無茶な改装でトップヘビー化
●客室を上方に増設、右舷前方のサイドランプ撤去など
●50トン超のトレーラーを中央でなく右1左2(!)で積載
●改装をしたのは2010年参入の大型船舶経験ゼロの企業
●4階後方の出入口の数が設計図と異なっていたと判明
●元航海士は語る「あまりに復元性の低い船だった」
●出航申告書を大幅に超える重量の貨物&車両を積載
●濃霧による3時間の出航遅延中にもがんがん積み込み
●その貨物の船内固定が非常にずさん(書き切れない・・・)
●荷役の元請会社は貨物固定の免許無し(ダミー契約で営業)
●コンテナ固定用のコーンが無いか規格外で使えなかった
●最後のトラックが乗船した3分後に離岸(監視カメラ映像)
●乗船名簿に無い小遣いかせぎの裏口乗客が多数?
●事故の第一報を受けた本社は即座に過積載データを改ざん
●固定されていなかった自動販売機が脱出通路を閉鎖
●ブリッジに居たのは入社4か月の新人航海士♀と操舵手♂
●船長専権事項の点検報告書は新人航海士が適当に作成
●点検報告書の捏造は先輩航海士からの引継ぎで指示された
●海運組合所属の運航管理者による船内検査もされてなかった
●点検報告書は事故後に海運組合の誰かが加筆訂正
●出航遅延による遅れを取り戻そうと航路を外れ危険な海域へ
●燃料をケチるためにバラスト水を極端に減らしていた?
●事故原因は 急回頭? 荷崩れ? 座礁?→改造と積過ぎ!
●異常発生直後にブリッジに集合したのは幹部と比歌手2名
●事故発生後は乗客に「客室に留まれ」と避難行動を阻害
●デッキに出ていたら崩れたコンテナに潰されてた?
●両舷に設置されていた救命イカダを船員は一人も投下せず
●海洋警察が投下しようとしたが動かずようやく2個蹴り落とす
●事故13日後までに自動展開した救命イカダは4個だけ
●別の保有船を検査したら救命イカダが1つも開かなかった
●セウォル号の救命胴衣は20年前建造当初の日本製品だった
●船長・操舵手をはじめとした乗員が乗客放置で真っ先に脱出
●船長ら幹部達は責任追及を恐れ救助後は自らの身分を隠匿
●船長は阿鼻叫喚の現場をよそに病室で悠然と紙幣を乾燥
●乗員「逃げるのに忙しくて他人(乗客)に構う暇なかったし」
●船長「出来る事無いので脱出した。救助船来たのでまかせた」
●管制センターの交信記録から判明、船長の供述は全部ウソ
●船長は30年前に沖縄近海で遭難し自衛隊に救助されていた
●船長は10年前のインタビューで「次は船と最後まで一緒に・・・」
●会社は二週間前に操舵装置の異常を認識していたが放置
●会社の安全教育費は年間5万4千円。訓練?何それ美味しいの?
●会社経営者はお約束のよろめき歩きで同情を買おうと演技
●本当のオーナーは即行でPCデータ初期化して国外逃亡
●船長は1年更新の契約社員 船員は見くびり指揮系統崩壊
●1ヶ月前にも現場海域で操舵以上の急旋回し食器が落下
●出向直後から旅客が気付くほど船体が傾斜していた
●船体傾斜で逸脱した航路を船長は当て舵で修正した痕跡
●事故2週間経って乗客数どころか乗務員数すら未確定
●1等航海士と機関長?は事故の前日に入社 研修無しで勤務
●1等航海士は携帯を取りに一度戻るも乗客には避難案内せず
●乗員らは沈没前に計7回会社と連絡、退避の話は一度も出ず
●操船関連の15名の乗員のうち8名は入社6ヶ月以内
●セウォル号は事故の前月に赤字価格で売りに出されていた
●実質オーナーは「責任無いけど100億ウォン寄付」とドヤ顔
●この状況下で会社はアルバイト船員の葬儀費用支出を拒絶
●収監された船長の最大関心事は「媚びる相手の牢名主は誰」


50 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/05/04(日) 21:20:38.56 ID:Pbz+eqsH.net
グダグダその2/5 行政サイド関連:


●第一報の高校生に緯度経度を何度も尋ねて時間浪費の担当官
●日本の海上保安庁による16日昼の救助支援の申し出を拒絶
●近海にて展開していた米海軍の救命艇積載ヘリを追い返す
●近くの海洋警察に潜水要員も高速艇もあったが操船員が居なかった
●消防ヘリは自治体幹部を拾いに寄り道して沈没に間に合わず
●掛け付けた漁船員「窓越しに」生存者目撃 早期対応してれば・・・
●警備艇が到着してからおよそ40分間は退避させる余裕があった
●海洋警察が数メートル先の窓の生存者に気付かない様子映像有り
●窓を割ろうとしたと海洋警察が見せた道具は鉄ハンマーと小斧だけ
●海洋警察は船内には助けに入らず、外に出た人を助けただけ
●船外から退避を呼び掛けたがヘリの騒音で船内には聞こえず
●事故発覚早々に「ほとんど救助したぜドヤ」と発表→撤回
●「××人救助しましたよ」→撤回
●「船内にダイバー入りました」→撤回
●「空気注入始めたし」→撤回
●ようやく始めた空気注入はホース径が19mm
●救助作業員は555人(キリッ!)→実際は200人以下
●ヘリコプター121機(キリッ!)→実際は2機
●対策本部に朴大統領が颯爽と参上し現場を混乱
●翌日、一切の事態進展がないまま「大統領は徹夜した!」
●選挙活動中の候補者は事件を渡りに船と利用して非難轟々
●2年前に完成した自慢の救助艦は「性能未確認で使えない」
●その160億円の救助艦、実は装備をまだ実装してなかった
●クレーン船手配は費用負担の押し付け合いで出発が12時間遅延
●無計画に現場に呼んだクレーン船は2週間何もせず停泊→撤退
●かき集めた民間ダイバーは救助活動中に二重遭難
●駆逐艦の海軍兵士は船内の貨物エレベータで事故死
●事故2日後に道知事が惨憺で悲痛な心情を自作の詩でツイート
●被災者の救済よりも大統領の顔色伺いを優先する公務員達
●ダイバー用ガイドロープの設置に丸4日(海猿なら数時間?)
●対策本部は「最善を尽くす」の繰り返しのみ
●対策本部は救援ダイバーに船内図面もエアタンクも提供せず
●512人居た民間ダイバーが海洋警察官の暴言等で4/23には11人
●勝手に来てもぐろうとした民間ダイバーと海洋警察が衝突
●大規模自然災害でもないのに家族は何日も体育館で雑魚寝
●対策室前で安全行政省の局長が記念撮影して着任4時間で更迭
●海洋警察は船を設計、建造した日本の関係者に来韓を要望
●とりあえず全ての修学旅行を中止、廃止も検討
●事故6日後の救難活動中に大統領は海運業界の悪者探しに着手
●高さの変更は改造許可不要で民間検査だけでOKだった
●改装後の民間による傾斜復元性検査は4度傾けただけで合格
●2月の韓国船級(船舶検査機関)の定期検査にもしっかり合格
●と思いきや5項目の不具合→是正報告受領のみで再検査せず
●清海鎮海運は海洋水産部の昨年の顧客満足度の評価で上位圏
●救助期間中に靖国参拝した日本議の100名以上に謝罪要求
●海洋警察課長「80人も助けた。問題無し。」と発言し即解職
●遠隔操作無人探査機(ROV)は救助作業の妨げに(感電の恐れ他)
●遺体の取り違えが多過ぎて遺族は激怒
●状況やばくなって国家保安室長が主管業務外だと言い出す
●海軍は休憩中のダイバーに水をかけて緊迫の救助現場を演出
●4/26現場近くの島で山火事、沈没船捜索の照明弾が原因か?
●状況やばくなって4/27首相が辞意表明して逃げを図る
●2009年に船齢制限20→30年の規制緩和した李明博に責任転嫁
●管制センターのAIS記録が読み取り故障! 原因究明が停滞
●批判高まり海洋警察に家宅捜索
●海洋警察の捜査責任者はオーナー会社元社員で信者



54 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/05/04(日) 21:21:39.88 ID:Pbz+eqsH.net
グダグダその3/5 マスコミ関連:


●行政側の不確定情報や又聞き・噂を片っ端から報道し撤回の嵐
●事故直後の全員救助の誤報で救助に向かった漁船が引き返した
●KBSは「船内は死体が絡まった状態で浮遊してる」と字幕表示
●まだ救助作業中なのに保険がらみで賠償金の試算額をニュース報道
●当該事故艦船は日本製だったと強調し暗に日本の責任論を煽る
●被害に遭った学生の修学旅行を「日帝残滓」と筋違い論を展開
●同型船で同様の転覆事故! 来たぞ来たぞ日本の責任論が
 その事故というのは、これのこと。ちなみに死亡者ゼロ
 フェリー大傾斜事故の再発防止対策について:国土交通省
 → http://www.mlit.go.jp/common/000136969.pdf
●共通項「造船所」「船の規模」「荷崩れで転覆」のみ報道
 違う点「天候、無茶な改造の有無、事故後の対応など」全て無視
●親北系メディア(自主民放)が米原潜衝突説(現地の水深は30m)
●海軍は潜水艦衝突説を流したネット民2名をわざわざ告訴
●親韓メディアのNYTですら背景にある韓国の文化を非難
●韓国メディア「改造を前提とした設計してなかった日本に原因」
●自粛を求めたのにACL試合中に声援を送ったと中国サポーターを批判
●オバマ大統領が訪韓時に事故現場を訪問したがってると妄想
 「事故の慰労が今回の訪韓日程で重要な部分」目的が出来たね
●家族から拍手を受けた海軍の救助隊長の話 矛盾多過ぎて理解不能



57 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/05/04(日) 21:22:29.60 ID:Pbz+eqsH.net
グダグダその4/5 被災者家族関連:


●延々と続く岸壁からのマイクパフォーマンス
●絶叫する人の半分はアップで見ると涙が無い
●とりあえず岸壁からダイビングパフォーマンス
●とりあえず校長には罵倒と水ぶっかけ、先生全員が土下座
●とりあえず海洋局長官を殴打
●とりあえず政府高官をビンタ
●とりあえず青瓦台への抗議に出発するも警官隊が鎮圧
●とりあえず首相の車を取り囲んで2時間缶詰め
●とりあえず背を向けてカップラーメン食った教育相を非難
●家族の代表と称した牧師は無関係の野党出馬予定者だった
●死亡生徒遺族が生還生徒に八つ当たりして病院内で大騒ぎ
●保護者アンケートで7万ウォンの飛行機代ケチって3万Wの船旅に
●修学旅行の団体は有名な反日高校、行き先は済州島
●捜索8日目ついに火病爆発 海洋相と海洋局長官に土下座強要
●無線を奪い「全人員を動員しろ。長官命令だ」と叫び業務妨害
●大統領は家族全員の了解無しに引き上げはしないと安易に約束
●事故11日後 不信感に溢れた家族は船体引き上げ作業を許さない
●両親が火病 13歳の妹と8歳の弟だけが連日の溺死体確認作業
●4/29大統領が閣議で謝罪 遺族会は非公開は謝罪でないと非難
●遺族は焼香所から大統領の献花を放り出した
●大統領は献花はともかく焼香まで手袋したままでやりやがった



63 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2014/05/04(日) 21:24:14.05 ID:Pbz+eqsH.net
グダグダその5/5 その他韓国民の関連:


●転覆直後から愉快犯による船内幽閉者を装うメールが跳梁跋扈
●偽メールを発信した12歳女子は救助活動促進が動機と供述
●あのラインも嘘、このカカオトークも嘘、お涙頂戴ぜーんぶ嘘
●自称専門家が荒唐無稽な救助法を主張 信じた家族が毎回大騒ぎ
●韓国では専門家よりも単純・過激な主張がうける(例:ミネルバ)
●確認希望のリストがFB伝言ゲーム中に生存者リストとして拡散
●事故直後から「震災で支援したのに日本は恩知らず」の大合唱
●生存者が居た政府が救出を妨害と嘘ついたダイバーは行方不明
●嘘つきダイバーは元・赤坂性悪ホステス+T-ara失勢のデマ犯人
●被害者家族に「これじゃ成仏できませんよ」と葬儀詐欺師登場
●被害者家族に「1億ウォンで助けます」と救助ブローカー登場
●食事時に何故か増える遺族、DNA採取するといったら人数半減
●救援物資の盗難多数。って言う前に救援物資が必要なの???
●150Kmを3往復して3万5千円相当の物資を盗んだ30歳男を逮捕
●ネット放送DJが濡れた制服を性的揶揄、船内をおでん鍋と比喩
●男性モデルが浴槽で溺死体を演じて写真公開、報道見てないと嘘
●大手3造船所で2007年以降の旅客船の実績はゼロ それ以前も1桁
●4/21海洋科学技術院がカニ型ロボットを準備中!(ワクテカ)
●そのころ北では金正恩が爽やかな笑顔で核実験準備&南を非難
●セウォル号から救出された高校生を治療中の病院に爆破予告
●ローマ法王「韓国民、倫理的・霊的に生まれ変わることを望む」
●まだ救助作業中に追悼曲として「千の風になって」が大ヒット
●案の定、直後の地下鉄事故では放送指示を無視して無秩序避難
●キム・ヨナ、沈没事故で心を痛めた人々の心を演技で癒す考え


ええと、新報道が出るたびに
グダグダのまとめを加筆訂正してますが、
飽きてきたので、このあと新シリーズを投下します。

ネタ元
http://www.news-us.jp/article/396704732.html

スポンサーサイト
  1. 2014/05/12(月) 00:59:26|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
優しいあなた!ついでに押してくださいな↓↓↓川崎さん、佐藤さん、井上さんも森岡さんも押してね!
人気blogランキングへ
<<スズランが咲いてた | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hummer1.blog37.fc2.com/tb.php/941-20808da7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

HUMMER

Author:HUMMER
北海道・十勝在住のおぢさん
酒と***とMacが好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

MONTHLY

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する