百記徒然袋【十勝日誌】

十勝・帯広からお送りします。食べること、ふと思ったこと、映画のこと・・・ 少しだけ仕事のこと。

終戦のエンペラー 【EMPEROR】

評価:自分の眼で確かめましょう。

キャスト
マシュー・フォックス ボナー・フェラーズ
トミー・リー・ジョーンズ ダグラス・マッカーサー
初音映莉子 アヤ
西田敏行 鹿島
片岡孝太郎 昭和天皇
羽田昌義 高橋
伊武雅刀 木戸幸一
夏八木勲 関屋貞三郎
中村雅俊 近藤文麿
火野正平 東條英機
桃井かおり 鹿島の妻
コリン・モイ リクター少将


pictures.jpg

参考:明治天皇御製

四方の海 みなはらからと 思う世に など波風の たちさわぐらん


ストーリー
1945年8月30日。第二次世界大戦で降伏した日本にGHQを引き連れたマッカーサー(トミー・リー・ジョーンズ)が降り立つ。直ちにA級戦犯の容疑者たちの逮捕が命じられ、日本文化の専門家であるボナー・フェラーズ准将(マシュー・フォックス)は“名誉”の自決を止めるため、部下たちを急がせる。
その頃、前首相東條英機(火野正平)は自ら胸を撃つが、心臓を外して未遂に終わる。マッカーサーはフェラーズに、戦争における天皇(片岡孝太郎)の役割を10日間で探れと命じる。連合国側は天皇の裁判を望み、GHQ内にもリクター少将(コリン・モイ)を始めそれを当然と考える者たちがいたが、マッカーサーは天皇を逮捕すれば激しい反乱を招くと考えていた……。
大学生の頃、フェラーズは日本人留学生アヤ(初音映莉子)と恋に落ちるが、彼女は父の危篤のため帰国。あれから13年、フェラーズは片時もアヤを忘れたことはなかった。だがアヤの捜索を頼んでいた運転手兼通訳の高橋(羽田昌義)から、アヤが教員をしていた静岡周辺は空襲で大部分が焼けたという報告が届く。
そんな中、フェラーズは開戦直前に首相を辞任した近衛文麿(中村雅俊)に会い、開戦の3ヶ月前、戦争回避のため秘密裏に米国側と接したが、国務省がそれを拒否したという事実を知る。調査が行き詰まり、宮内次官の関屋貞三郎(夏八木勲)に狙いを定めたフェラーズは、マッカーサーの命令書を楯に強引に皇居へ踏み込む。関屋は開戦前の御前会議で、天皇が平和を望む短歌を朗読したと語る。説得力のない証言に腹を立てて立ち去るフェラーズだったが、深夜、天皇に最も近い相談役である内大臣、木戸幸一(伊武雅刀)が現れ、天皇が降伏を受諾し反対する陸軍を封じるために玉音放送に踏み切り、千人の兵士から皇居を襲撃されたという経緯を聞かされる、だがその話を証明する記録は全て焼却、証人の多くも自決していた。戦争を始めたのが誰かはわからない。
だが終わらせたのは天皇だ。フェラーズはマッカーサーに、証拠のない推論だけの報告書を提出する。マッカーサーは結論を出す前に、天皇本人に会うことを希望。異例の許可が下り、社交上の訪問としてマッカーサーに会うという建前に沿って、ついに天皇がマッカーサーの公邸に現れる。しかし、天皇は周りの誰も知らない日本の未来を決めるある一大決意を秘めていた……。
ムービーウォーカー

↑この解説ほぼエンディングまで書いてある W

映画はエノラ・ゲイがリトルボーイを積み込んでテニアン島を飛び立つ実写から始まります。
既にこの場面から涙腺が緩む。

観ていてこの映画をハリウッドが作ったの?と思ってしまう内容です。
原作・プロデューサーも日本人の様なので日本の実情が良く分かっていると。

日本は原油を断たれ止むなく開戦した。
日本はアジア諸国を蹂躙し殺戮を行ったと言うが、イギリス・ポルトガル・アメリカから奪ったのではないか。
それは西欧列強を倣っただけで何故日本だけが同じことをした国々に裁かれなければならぬのか?

日本人のdevotionとは。

本音と建前。

色々と考えさせられる映画です。

でもこれを観るとマッカーサーのカリスマよりも俗人性が見えて来る気がします。


西田敏行って私のイメージでは池中弦太とか西遊記とか釣りバカでのイメージ(西遊記しか観ていないけど)しかなかったのですが、キレイな英語を話すし少し見直しました。

夏八木勲さんはこの後亡くなったんですね。

東条英機で出て来た火野正平・・・嘗てのプレイボーイもいい爺さんか。


何にしても日本人なら観た方が良い映画だと思います。


テレビで放映はしないだろうな・・・



放映出来る日本にならなくちゃね。



映画とは些か違いがありますが,とあるHP。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~t-senoo/Sensou/kaiken/sub_kaiken.html

マッカーサーは、回想記にこの日の模様を記している。
 「タバコに火をつけて差し上げたとき、私は天皇の手が震えているのに気がついた。天皇の語った言葉は、次のようなものだった」。
 天皇は「私は、国民が戦争遂行するにあたって、政治、軍事両面で行ったすべての決定と行動に対する全責任を負うものとして、私自身を、あなたの代表する諸国の採決に委ねるため、お訪ねした」
 「私は、この瞬間、私の前にいる天皇が、日本の最上の紳士であることを感じとったのである」。
 35分にわたった会見が終わった時、マッカーサーの昭和天皇に対する態度は変わっていた。マッカーサーは、予定を変えて自ら昭和天皇を玄関まで送った。マッカーサーにとって、最大の好意の表れだった。


スポンサーサイト
  1. 2013/10/30(水) 00:20:23|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
優しいあなた!ついでに押してくださいな↓↓↓川崎さん、佐藤さん、井上さんも森岡さんも押してね!
人気blogランキングへ
<<勤労感謝の日 | ホーム | 国旗>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hummer1.blog37.fc2.com/tb.php/913-3a7f2534
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

HUMMER

Author:HUMMER
北海道・十勝在住のおぢさん
酒と***とMacが好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

MONTHLY

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する