百記徒然袋【十勝日誌】

十勝・帯広からお送りします。食べること、ふと思ったこと、映画のこと・・・ 少しだけ仕事のこと。

I've Never Been to Me (愛はかげろうのように)

Performed by Charlene

1976

Charlene








mp3が再生できるプラグインが必要です。









クリックすると再生




Hey lady, you lady
cursing at your life
you're a discontented mother
and a regimented wife
I 've no doubt
you dream about the things you never do
but I wish someone had a talk to me like I wanna talk to you

Oh, I've been to Georgia and California and anywhere I could run
Took the hand of a preacher man
and we made love in the sun
But I ran out of places and friendly faces
Because I had to be free
I've been to paradise but I've never been to me...

Please lady please lady
don't just walk away
Cause I have this need to tell you
why I'm all alone today
I can see so much of me
still living in your eyes
won't you share a part
of a weary heart that has lived a million lives

Oh, I've been to Nice and the isle of Greece
when I sipped champagne on a yacht
I moved like Harlow in Monte Carlo
and showed them what I've got
I've been undressed by kings
and I've seen some things that a woman ain't s'pose to see
I've been to paradise but I've never been to me...

Hey, you know what paradise is?
It's a lie
a fantasy we created about people and places
as we like them to be
but you know what truth is?
it's that little baby you're holding
and it's that man you fought with this morning
the same one you are gonna make love to tonight
that's truth that's love

Sometimes I've been to crying for unborn children
that might have made me complete
but I, I took the sweet life
I never knew I'd be bitter from the sweet
I spent my life exploring
the subtle whoring
that costs too much to be free
hey lady I've been to paradise
but I've never been to me...

I've been to paradise but I've never been to me...




訳詞   日本で流行った歌とはえらく違います。


ねえ貴女、人生が嫌でたまらない貴女、
母である事に嫌気がさし、夫に縛られている貴女。
多分そう、とても手の届かないことを夢見ているんでしょう。
でも私、貴方に伝えたいことがあるの、
私にも誰かが話していてくれたら…と思うことをね。


私、ジョージアやカリフォルニア、
いけるところは何処へでも行った。
牧師の手を取って陽の下で愛し合ったりした。
でも結局、親しい人からも、何処からも逃げ出していた。
自由になりたかったから。
私はパラダイスに行ったけれど、自分を受け止められなかったの。


ねえ、貴女お願いだから・・・最後まで聞いて。
だって貴女には知っていてもらいたい。
どうして私が独りぼっちなのか。
貴女の瞳の中にはまだ私と同じような色があるから。
山ほどの嘘の中で生きて
ボロボロになった心を少しでも分かち合わせて。


ニースやギリシャの島にも行った。
ヨットで、シャンパンを飲みながらね。
モンテ・カルロの娼婦みたいに振舞って
自分の色香をひけらかした。
色んな王様達に脱がされて
普通の女じゃ絶対見られないような
そんな世界を見てきた。
私は幸福だったけれど、
それでも自分が見つからなかったの。


ねえ、パラダイスってなんだろう?
そんなのは嘘っぱち。
最高の人だとか至上の居場所だとか、
そんなの夢ばっかり追いかけている人の幻想。
貴女は真実を知っているのね?
それは貴女が今抱いている赤ちゃん。
今朝喧嘩したあの人。
今夜また愛し合うその人よ。
それが真実、それが愛なの。


時々、産まなかった子どもを思って泣き続けた。
自分に足りなかったものにようやく気付いたから。
私は快楽ばかり選んできた。
でもまさか、それが苦痛に変わる日が来るなんて思いもしなかった。
ずっと都合よく振舞うばっかりに、
結局自分の全てを売ってしまった。
自由の代償はあまりに大きすぎたわ。


ねえ、貴方、私は楽園に行ったけれど、
ただ自分を見つめることができなかった。
快楽を手に入れたけれど、
そこに自分の幸せは決して見つからなかったのよ…
スポンサーサイト
  1. 2013/05/13(月) 23:24:36|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
優しいあなた!ついでに押してくださいな↓↓↓川崎さん、佐藤さん、井上さんも森岡さんも押してね!
人気blogランキングへ
<<神業! | ホーム | うんこちんちん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hummer1.blog37.fc2.com/tb.php/888-c9522b08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

HUMMER

Author:HUMMER
北海道・十勝在住のおぢさん
酒と***とMacが好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

MONTHLY

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する