百記徒然袋【十勝日誌】

十勝・帯広からお送りします。食べること、ふと思ったこと、映画のこと・・・ 少しだけ仕事のこと。

2012

2012


監督:ローランド・エメリッヒ

出演:ジョン・キューザック,アマンダ・ピート,タンディ・ニュートン,ダニー・グローヴァー:ウディ・ハレルソン

評価:1、500円


解説
2009年。太陽の活動が活発化し、地球の核が熱せられた結果、3年後に世界は終わりを迎える―。この驚愕の事実をいち早く察知した地質学者エイドリアンは、すぐに米大統領 主席補佐官に報告。やがて世界各国の首脳と一握りの富裕層にのみ事実が知らされ、人類を存続させる一大プロジェクトが極秘に開始される。そして2012年。売れない作家のジャクソンは、子供たちとキャンプにやってきたイエローストーン国立公園で、政府の奇妙な動きを目撃。世界に滅亡が迫っていることを、偶然知ってしまう…。


ディザスター映画だと思っていたらハズレです。
天変地異の迫力VFXはテレビCMなどで流れているのがメインでしょうか w
中盤からは家族愛や人類愛にテーマが流れて行きます。

途中ポセンドンアドベンチャーかってなシーンがあったりインディアナ・ジョーンズ?みたいな感じも有り・・・・

個人的にはもっと徹底的なディザスターが良かったんですが。インディペンデンスデイなんて焦点がちゃんとしていたと思うのですが・・・

確かにVFXは大迫力で細かい所まで作り込まれてますね。引きで撮ってても逃げ惑う人々がちゃんと映ってる。



一番面白いのはチャイナの登場ですね。
インディペンデンスデイでは地球の平和を守るのはアメリカでしたけど、時代は流れてこれからはやはり中国なんでしょうか。


一つだまされた事が有ります。
Knowingもそうでしたが。
地球の破滅=地球外脱出の固定観念が失敗 W







突っ込みどころは多いんでしょうが,一番気になったのが最後。

箱船は新たなアララト山に辿り着く様ですが。
あれだけの火山噴火などがあれば核の冬どころじゃない氷河期になると思いますが。
緑豊かな大地でしたね w

人類の未来は明るい か
スポンサーサイト
  1. 2009/11/22(日) 18:10:46|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
優しいあなた!ついでに押してくださいな↓↓↓川崎さん、佐藤さん、井上さんも森岡さんも押してね!
人気blogランキングへ
<<イルミネーションやってます | ホーム | 笑う警官【Laughing Policeman】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hummer1.blog37.fc2.com/tb.php/639-aae3b3c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

HUMMER

Author:HUMMER
北海道・十勝在住のおぢさん
酒と***とMacが好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

MONTHLY

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する