百記徒然袋【十勝日誌】

十勝・帯広からお送りします。食べること、ふと思ったこと、映画のこと・・・ 少しだけ仕事のこと。

読みたい本

環境危機をあおってはいけない 地球環境のホントの実態

> 『The Skeptical Environmentalist』の主張はこうだ。オゾン層に開いたホール(穴)は回復しつつある。アマゾンの森林は人類が誕生してからわずか14%しか減少していない。今後50年の間に絶滅する生物種はわずか0.7%である。それまでに貧困にあえぐ人々ですらより裕福になる。物事は決して十分に良い方向には動いていないとしても、私たちが教え込まれているよりも、はるかに良い方向に向かっている。――ロンボルグは、統計学の教授であり、元グリーンピースのメンバーだ。著者は、地球滅亡の危機説に繰り返し用いられているデータが、複雑すぎるうえに混乱していて、とにかく間違った使われ方をしていると言う。だからといって本書は、決して人々に安堵感や慰めを与える読み物ではない。また、何もしなくてもよいと人々を先導するような内容でもない。

著者は、多くの人々が利用する数値と同じものを使って説明をする。政府機関、京都サミット、グリーンピースで扱われているのと同様のデータだ。これまで素データについて詳しく論議がされる機会はあまりなかっただろう。たとえば歴史的背景、算出方式、長所および弱点などについてだ。またロンボルグは、人類および環境危機に対して私達が持つ認識は、最新の科学や環境機関、メディアによって人為的に作られたものだと断言する。高まる人々の絶望感に対して責任を負うべき者はいないが、私達が知らされる情報に対しては責任を負うべき者はいるはずだ。真のリスクは何か、それに対して何ができるのかを知る必要があるのだ。(京都会議? これはよくない事例だろう)。それにはまず、優先順位をつけることだ。(30ペンスでオーガニック・バジルを買うのか? それとも冷たくてきれいな水をシエラレオネで買うのか?)。まだまだ手立てを講じる余地はあるのだ。パニックからは何も生まれない。

---------
マスコミ、世の大勢は温暖化は事実、35年経てば北極が解けてなくなる・・・などを既定の事実のように謳っていますが・・・
実際のところはどうなのでしょう。

捕鯨の問題を見ても欧米はある価値観の下に結論を方向付けてしまうような気がしています。

温暖化についてもホントに二酸化炭素やフロンが原因なのでしょうか?
太陽黒点説はどこに行った??

読んでみたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/01(月) 15:13:06|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
優しいあなた!ついでに押してくださいな↓↓↓川崎さん、佐藤さん、井上さんも森岡さんも押してね!
人気blogランキングへ
<<フラストレーション | ホーム | 十六夜の月(いざよいのつき)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hummer1.blog37.fc2.com/tb.php/397-9cbb60df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

HUMMER

Author:HUMMER
北海道・十勝在住のおぢさん
酒と***とMacが好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

MONTHLY

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する