百記徒然袋【十勝日誌】

十勝・帯広からお送りします。食べること、ふと思ったこと、映画のこと・・・ 少しだけ仕事のこと。

凄いぞ クマムシ

クマムシ

クマムシに7万5千気圧 6時間の超高圧に耐え生存

 堀など身近な水中に生息している緩歩動物「クマムシ」は、7万5000気圧という超高圧を加えた後も生き残ることを確かめたと、岡山大の小野文久教授らが24日発表した。クマムシは体長1ミリ以下で、マイナス250度以下の極低温や乾燥、放射線などの環境条件にも耐える。乾燥し休止状態となったクマムシ20匹に加圧し、6時間後に水に戻すとすべて生存、12時間後では5匹生き残った。

-----------
この名前自体初めて目にしましたが・・・凄い凄すぎる。
今生活しているのが1気圧、これは普段は感じることはありませんが、大変な圧力です。1m2あたりで10tonに相当する重さ(小型乗用車6~7台分)がかかっていることになります。1cm2あたりにしても約1kgということですからその7万5千倍・・・・体長1mmですからまたその100倍の圧力でしょうか?

調べてみたら
NASA

ファンサイト
ブログ

色々出ているみたいです。
夏休みの自由研究にどうぞ・・・・(そんな人は見てないか


緩歩動物(かんぽどうぶつ)は、緩歩動物門に属する動物の総称である。 4対8脚のずんぐりとした脚でゆっくり歩く姿から緩歩動物、また形がクマに似ていることからクマムシ(英名は water bears)と呼ばれている。体長は50マイクロメートルから1.7ミリメートル。 熱帯から極地方、超深海底から高山、温泉の中まで、海洋・陸水・陸上のほとんどありとあらゆる環境に生息する。 堆積物中の有機物に富む液体や、動物や植物の体液(細胞液)を吸入して食物としている。およそ750種以上(うち海産のものは150種あまり)が知られている。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/25(水) 23:49:44|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
優しいあなた!ついでに押してくださいな↓↓↓川崎さん、佐藤さん、井上さんも森岡さんも押してね!
人気blogランキングへ
<<いただきました | ホーム | 公職選挙法違反>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hummer1.blog37.fc2.com/tb.php/363-cb4d41ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クマムシ

クマムシ* 異クマムシ綱 Heterotardigrada* 中クマムシ綱 Mesotardigrada* 真クマムシ綱 Eutardigrada緩歩動物(かんぽどうぶつ)は、緩歩動物門に属する動物の総称である。4対8脚のずんぐりとした脚でゆっくり歩く姿から緩歩動物、また形がクマに似てい
  1. 2007/07/27(金) 06:39:02 |
  2. こはるの記録

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

HUMMER

Author:HUMMER
北海道・十勝在住のおぢさん
酒と***とMacが好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

MONTHLY

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する