百記徒然袋【十勝日誌】

十勝・帯広からお送りします。食べること、ふと思ったこと、映画のこと・・・ 少しだけ仕事のこと。

INFERNO 【インフェルノ】

評価:1,500円

監督:ロン・ハワード
キャスト:トム・ハンクス
フェリシティ・ジョーンズ
オマール・シー

355752_004.jpg

大学教授ラングドンが世界を揺るがす陰謀に立ち向かう姿を描く、ダン・ブラウン原作による『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ第3弾。詩人ダンテの叙事詩「神曲 地獄篇」に秘められた暗号を読み解き、巨大な陰謀から世界を救おうとするラングドンをトム・ハンクスが演じる。監督はシリーズ前2作も手がけたロン・ハワード。

ストーリー
宗教象徴学者のラングドン教授(トム・ハンクス)は、アメリカの大富豪で生化学者のゾブリスト(ベン・フォスター)から挑戦状を突き付けられる。それは、人口増加問題の過激な解決策として生み出したウィルスだった。伝染病を利用した人口淘汰をもくろむゾブリストは、詩人ダンテの叙事詩『神曲』地獄篇(インフェルノ)に暗号を隠す。ラングドンは、人類を滅亡に導く陰謀の謎に挑む。


--------------
『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ第3弾という事ですが、回を重ねるごとにパワー切れ。
面白くないって訳じゃないですがダ・ヴィンチ・コードの重層的な知的謎解きが軽すぎ、逆にアクションって程じゃないアクションがあったり協力者だと思ったのが敵とか w

ダ・ヴィンチ・コードは「レンヌ・ル・シャトーの謎」みたいなのが下敷きとしてあるので謎が深かったのですが・・・。
ヴェッキオ宮殿五百人広間にあるヴァザーリのCERCA TROVA(Search and find=探して見つけよ)の言葉は余り意味ないし…。そこを飛ばしてダンテ直結の方が分かり易い。

舞台はイタリアなので登場人物はイタリア人が多いが、主人公はアメリカ人、そのかつての恋人はロシア人、そこに絡んで来るWHOのエージェント ブシャールはフランス人そしてイスタンブールのトルコ人。そして謎の組織「大機構」の総統はインド系・・国際色豊か。
だもんでやはり共通言語は英語。
日本人も英語ができなきゃなぁ〜。

今回ラングドン教授と行動を共にするシエナ役のフェシリティ・ジョーンズ綺麗です。
12月公開のスター・ウォーズ ローグ ワンの主役だそうで・・・
余談ですが彼女の目はベッキーと同じくひまわりが咲いていた。

u5497e4267f7d5a3200006f190405.jpg


次回作に期待。








スポンサーサイト
  1. 2016/11/08(火) 23:51:46|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
優しいあなた!ついでに押してくださいな↓↓↓川崎さん、佐藤さん、井上さんも森岡さんも押してね!
人気blogランキングへ
<<アメリカ大統領選 | ホーム | 目出度い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hummer1.blog37.fc2.com/tb.php/1096-2a27844c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

HUMMER

Author:HUMMER
北海道・十勝在住のおぢさん
酒と***とMacが好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

MONTHLY

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する