百記徒然袋【十勝日誌】

十勝・帯広からお送りします。食べること、ふと思ったこと、映画のこと・・・ 少しだけ仕事のこと。

キングスマン 【Kingsman The Secret Service】

評価:1,800円

キャスト
コリン・ファースハリー・ハート/ガラハッド
マイケル・ケインアーサー
タロン・エガートンゲイリー・“エグジー”・アンウィン
マーク・ストロングマーリン
ソフィア・ブテラガゼル

main_large_20150928233816cb0.jpg

ストーリー
ロンドンのサヴィル・ロウにある高級スーツ店“キングスマン”の実体は、どこの国にも属さない世界最強のスパイ機関。“キングスマン”のエリートスパイ、ハリー(コリン・ファース)は、ブリティッシュ・スーツをスタイリッシュに着こなし、組織の指揮者アーサー(マイケル・ケイン)のもとで日々秘密裏の活動を行っている。ある日、チームの一員が何者かに惨殺され、新人をスカウトすることになったハリーは、街のチンピラ、エグジー(タロン・エガートン)に可能性を見出し候補生として抜擢するが、エグジーの父親もまた機密活動中に命を落とした“キングスマン”のスパイであった。そんな中、巷では科学者の失踪事件が頻発。その首謀者ヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)は、前代未聞の人類抹殺計画を進めていた……。
http://movie.walkerplus.com/mv58395/


全然チェックしていなかったんですが、前日に偶々レビュー見たらちょっと惹かれて観てみるとハマった W

なんと言っても舞台が英国、と言ってもMI6じゃなく全く別の組織。解説では世界最強とか言ってるけどそこまでなのか?
W

本拠地は背広の語源となったサヴィルローのテイラー。
エージェントはオーダーメイドの防弾のブリティッシュトラッドのダブルのスーツにストライプタイ。手にはこれまた防弾で銃にもなるこうもり傘。これぞ英国のスパイ。

「manner makes a Man」マナーが人を作る・・・英国の伝統?

でも作中には英国が持つ階級社会への批判も少し。

作中何度もSnobsと言う単語が・・・

途中おバカな展開もありそこに使われる「威風堂々」がなんともハマってるし映像もキレイ W
(この所為でR15指定なんでしょう)

好き嫌いが分かれる作品かも知れませんが一見の価値ありだと思います。



注:ドンドン人が殺されます、嫌という程。
リア充爆発しろ!がそのままだったり W

スポンサーサイト
  1. 2015/09/28(月) 23:58:06|
  2. MOVIES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
優しいあなた!ついでに押してくださいな↓↓↓川崎さん、佐藤さん、井上さんも森岡さんも押してね!
人気blogランキングへ
<<もうこんな季節 | ホーム | スタッドレスタイヤ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hummer1.blog37.fc2.com/tb.php/1029-85d8e868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

HUMMER

Author:HUMMER
北海道・十勝在住のおぢさん
酒と***とMacが好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

MONTHLY

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する